エルトパシオ 1月21日(金)発売

鑑定士が選んだ珈琲
エルサルバドル
【エルトパシオ農園 パカマラ ナチュラル】限定販売!!

エルサルバドルのエルトパシオ農園より⼊荷した、特別なコーヒーを2022年1⽉21⽇(⾦)より数量限定で発売します。

米州大陸の中部に位置するエルサルバドルは、面積が四国ほどの⼩さな国です。国⼟のほとんどは⾼地で、コーヒー栽培に最適な環境がそろっており、高品質なコーヒーの生産地であります。

この度大和屋と10年来お付き合いのあるエルトパシオ(El Topacio)農園より、素晴らしいコーヒーが⼊荷しました。カシスの果実感やカカオのようなビタースイートのフレーバーを感じる、複雑で奥⾏きのある味わいのコーヒーです。

ご⾃宅でゆったりとした時間と共に、あるいは、⼤切な⽅とご⼀緒に、最⾼の珈琲体験をお楽しみください。

コーヒー鑑定士 平湯聡より

今回、エルサルバドルよりエルトパシオ(El Topacio)農園の「ナチュラル(非水洗)式」という精製方法で作られたコーヒーをご用意しました。

エルトパシオ農園と大和屋との繋がりは、さかのぼること12年前…。

コーヒーの国際品評会であるCoE(Cup of Excellence:カップ オブ エクセレンス)。
生産国のその年に収穫された「最高のコーヒーを決めるコンテスト」と言っても過言ではありません。2009年のCoEでエルトパシオ農園が見事一位を獲得し、そのロットを大和屋が単独落札したことから始まりました。

翌年の2010年、私がCoEの国際審査員としてエルサルバドルに赴いた際に農園を訪れ、オーナーであるレオポルド氏と初めてお会いしました。また彼が来⽇した際には、⼤和屋の店舗や焙煎⼯場を案内するなど親交を深めました。

大和屋高崎本店にて

品質の高さ、味わいの素晴らしさは折り紙つきで、今回ご紹介する「エルトパシオ農園」とその系列農園である「エルアウソル(El Ausol)農園」は、共に毎年のようにCoEに入賞しています。

2009年CoEで一位を獲得したエルトパシオ農園のロットも、「エルサルバドル・ナンバーワン」として販売し、とても素晴らしい味わいのコーヒーだったと記憶しています。

「とっておきのコーヒーができたよ!」

今期になってレオポルド氏から連絡が入り、早速サンプルが送られてきました。品種は、パカマラ(Pacamara)種。⼤粒の見ためが特徴のマラゴジッペ(Maragogype)種と、ブルボン系でエルサルバドル原産のパカス(Pacas)種の交配種になります。

パカマラ(Pacamara)種
収穫後のハンドピック

⾚く熟したチェリーだけを手摘みし、さらに不純物がないかハンドピックをし、熟度が均一になるように丹念に選別され集められます。日差しを浴びキラキラした真っ赤なコーヒーチェリーは、まさにルビーレッドの宝石のよう。

そうして丁寧に収穫・選別されたコーヒーチェリーを、そのまま太陽の下で乾燥させます。「ナチュラル(⾮⽔洗)式」と呼ばれる、そのコーヒーが作られるプロセスは、乾燥に時間がかかるため、⾮常に⼿間と労⼒を費やします。

また、菌が繁殖して腐敗してしまうなどのリスクがあり、細⼼の注意と徹底した品質管理が重要です。そうして、⼿間と時間をかけて「ナチュラル式で作られた」からこそ引き出される、素晴らしい⾵味特性が感じられます。

アフリカンベッド(乾燥棚)で、天日乾燥されるコーヒーチェリー

今回ご紹介する、エルトパシオ農園のコーヒーは、⾮常に奥⾏きのあるベリー感、カシスにも似た果実味を感じます。複雑なフレーバーをまといながら、⻑く余韻の残るコーヒーです。

雑味を感じさせないクリアな味わいは、味わいが均一になるように、熟したチェリーだけを選別し、丹念に処理された丁寧さがうかがえます。

⽣産者の⽅と今⽇までの繋がりがあるからこそ、出会うことができた素晴らしいコーヒーです。皆様にお届けできますことは幸運でもあり、レオポルド⽒に改めて感謝いたします。 「とっておきの」珈琲を、この機会にどうぞお楽しみください。

エルトパシオ農園 レオポルド氏からのコメント

2010年 エルサルバドル エルトパシオ農園にて 
左:平湯聡 右:レオポルド・ミューホント氏
=訳=
親愛なるサトシさん、ご家族、ならびに大和屋のお客様
また、こうしてあらたに我々の気持ちをエルトパシオのコーヒーに乗せて、皆様に届けられることを大変光栄に思っております。
皆様がこれからも末永くお元気であることをわが愛する国エルサルバドルより祈っております。

2021年12月21日
レオポルド・ミューホント

コーヒー豆詳細情報

エリア:ソンソテナ県 フアユア
生産者:レオポルド・ミューホント
標 高:1550m
品 種:パカマラ
プロセス:ナチュラル
焙煎度:シティロースト

エルサルバドル珈琲豆
エルサルバドルドリップパック

<商品名>
エルサルバドル
エルトパシオ農園 パカマラ ナチュラル

<価格>
珈琲豆100g 885円
ドリップパック 1枚 183円
ドリップパック 5枚入 918円
(税込価格)

<発売日>
2022年1月21日(金)
(大和屋高崎本店・高崎吉井店福袋にて、先行販売)

<販売店舗>
・大和屋直営店
 大和屋高崎本店 / 高崎吉井店
 YAMATOYA COFFEE 32
・大和屋グループ各店
 (※一部取り扱いのない店舗もございます)
・大和屋ネットショップ
 https://shopyamatoya.com/

コーヒー鑑定士が選んだ珈琲

大和屋 代表取締役 平湯聡(ヒラユ サトシ)
コーヒー認定士 認定証


2020年発売の「No.40マンデリン」からスタートした「鑑定士が選んだ珈琲」シリーズ。ブラジルのサントス商工会議所公認のコーヒー鑑定士資格である「クラシフィカドール」を有する大和屋 代表取締役 平湯聡(ヒラユ サトシ) が、他では手に入らないような希少なコーヒーや、特殊な精選方法や品種など、今までに取り上げたことのない、珍しく価値の高いコーヒーをご紹介します。
本シリーズのコーヒーカードやパッケージに用いられているデザインは、コーヒー鑑定士 平湯聡がコーヒーのカップテストを行った上で味わいをイメージし、作成しています。

今回のデザインについて


農園名でもあるエルトパシオ(El Topacio)とは、現地公⽤語であるスペイン語で、宝⽯の「トパーズ」を意味しています。
光り輝くトパーズの明るさ、このコーヒーの特徴的な風味であるローズのような花に似たフレーバーを明るい暖色系の色で。カシス、ベリー感を青みがかった色彩で表現しました。また、絡み合うように多層的で複雑に感じられるコーヒーの味わいを陰影として、レイヤーになるようグラデーションで描きました。

About Author /

Start typing and press Enter to search